マイコプラズマの話


「周囲でマイコプラズマが流行っている、と聞きましたが、マイコプラズマって、そもそも何なのですか?」

ちょっと変わった細菌、と言えばいいでしょうか。子どもの病気でおなじみの細菌には、のどの炎症を起こす溶連菌や、とびひなどを起こすブドウ球菌などがありますが、こうした一般的な細菌は、身体の一番外側に、「細胞壁」という殻を持っています。マイコプラズマには、この「細胞壁」がありません。普通の細菌に使われる主な抗生物質は、この「細胞壁」を壊して細菌を殺すのですが、細胞壁のないマイコプラズマには効果がありません。

といっても、まったく薬が効かないということではなく、効果のある抗生物質はあります。一般の細菌によく使われるペニシリン系やセフェム系の抗生物質は無効ですが、マクロライド系やテトラサイクリン系と呼ばれる抗生物質が有効です。

マイコプラズマは、ふだん元気な、比較的大きい子どもや成人の気管支炎や肺炎の原因として、わりと多く見られるものです。気管支炎や肺炎ですから、高い熱と激しい咳が典型的な症状です。咳がひどいわりには聴診しても胸の音がきれいなことが多く、またレントゲンではっきり影があっても、呼吸困難など全身に影響する激しい症状になることが珍しい、というのも特徴です。

続き▽
| | 17:51 | comments (x) | trackback (x) |
ぜんそくの話


「ゆうべ咳き込みがひどく、眠れないほどだったので、夜間診療を受診したら、『喘息ではないか』と言われ、吸入をして、飲み薬をもらいました。吸入の後は眠れましたし、今朝はかなり具合はいいようです」

確かに喘息は、夜中から明け方にかけて症状がひどくなることの多い病気です。吸入したのは、気管支を拡げる薬でしょう。喘息では、気管支が狭くなって空気の通り道が細くなってしまうため、息苦しく、また痰がからんで咳が激しくなります。このような時は、まず、気管支を拡げる自律神経に働く薬を使います。吸入の薬は気管支に直接入るので、即効性があります。

いきなり喘息と言われてびっくりした、というお話もよく聞きます。実際、ある種の気管支炎で、喘息のようにゼイゼイすることはありますから、一度だけで喘息と言い切るのは難しいです。ただ、熱がないことや、吸入がかなりよく効いたように見えることは、喘息を思わせる特徴ではあります。ちょっとしたきっかけで同じようなことがおきるようなら、喘息の可能性が高いでしょう。


続き▽
| | 17:30 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   01 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート