りんご病の話
「園でりんご病が流行しているそうです。」

りんご病も、学校や保育園・幼稚園でときどき流行する病気のひとつですね。ヒトパルボウイルスB19、という名前のウイルスに感染して起きる病気です。典型的な症状は、両方のほっぺたがりんごのように赤くなり、また二の腕や太ももが網目のように赤くなる、というもので、多少かゆみがあることが多いようです。赤い発疹が出る1週間くらい前に、軽いかぜのような症状が出ることもあると言われますが、多くの場合、前ぶれははっきりしません。

うつる病気であるにはちがいありませんが、りんご病は、赤い発疹が出て「りんご病だ」とわかった時期には、もう身体からウイルスは出ていった後なので、ほかの人にうつすことはありません。言い換えれば、知らないうちにうつっているのです。うつってから発疹の症状が出るまでの期間(潜伏期間)は10〜20日とされています。また、感染する力そのものも弱く、感染しても症状なく終わってしまう「不顕性感染」も多いので、たとえば水ぼうそうのように、きょうだいやクラスで次から次に、という流行のしかたにはなりません。

りんご病そのものに対する薬、というのはありません。症状が軽い病気なので、自然に治るのを待てばいいのです。かゆみが強い場合には、かゆみ止めの飲み薬が出されることもあります。

ただし、免疫のない妊婦さんがりんご病にかかると、胎児にも感染することがあります。胎児が感染しても何の問題も起きないことも多いのですが、りんご病のウイルスは赤血球の生産を邪魔するはたらきがあり、妊娠中期の、胎児の赤血球がさかんにつくられている時期の感染では、胎児が非常に重い貧血になり、流産になってしまうことがあります。胎児が重い貧血になると、身体がむくんで「胎児水腫」という状態になり、超音波の検査でわかります。周囲でりんご病が流行していて心配ならば、かかりつけの産科で相談してください。
 
ふだん元気な子どもでは、ふつう合併症というものはみられません。おとながかかると、関節炎を起こす人が多いようです。また、「球状赤血球症」など赤血球の
気がある人の場合は、急激にひどい貧血になることがあります。

さきに述べたように、発疹が出る時期にはほかのひとにうつすこともなく、また全身の症状も軽いのがふつうですから、とくに生活を制限する必要はありません。発疹は3日くらいで消えることもありますし、2週間くらい続くこともあります。直射日光にあたると発疹が目立つようになったり、かゆくなることもままあるようです。

りんご病の免疫は長く保たれ、ふつうは2度かかることはないと考えられています。ただし、りんご病の発疹は典型的ではないことも多く、風疹など、ほかのウイルスによる発疹と区別しにくいことは珍しくありません。ですから、「りんご病かも?」と言われること自体は、何度かあっても不思議はありません。
| | 18:50 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<   09 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート