下痢のはなし


「朝からおなかを痛がって、水みたいなウンチを何度もするんです」

下痢は、発熱やせき・はなみずと同様、こどもではよくある症状のひとつです。このように腹痛がある場合もありますし、あまり痛みを訴えないこともあります。高熱を伴うこともありますが、まったく熱がないこともしばしばです。吐き気が強かったり、実際に何度も吐いたりすることもあります。

こういう急性の下痢の原因のほとんどは、ウイルス性の胃腸炎です。腸の粘膜に炎症が起きるために、栄養素や電解質(ナトリウムやカリウムなど)、水分を吸収しにくくなり、水っぽい便がたくさん出るのですね。

人に病気をおこすウイルスは数限りなくありますが、それぞれ入り込みやすい場所があって、そこでウイルスが増えていくことから炎症が起き、症状が出ます。のどや鼻を好むウイルスでは、くしゃみ・はなみず・せきと・のどの痛みなど、のどや鼻の症状になり、これがふつうに言われる「かぜ」です。一方胃腸を好むウイルスは嘔吐や下痢という胃腸の症状を起こす…というわけで、ウイルス性胃腸炎を、鼻・のどのかぜに対比して「おなかのかぜ」と呼ぶことがあります。もちろん、両方の症状をもたらすウイルスもあります。

おなかに来やすいウイルスとしては冬場によく流行するロタウイルスやノロウイルスが有名ですが、他に「サポウイルス」「腸管アデノウイルス」「エンテロウイルス」の仲間(どれもとても多くの種類があります)など、下痢を起こしやすいウイルスはたくさんあります。種類が多いので、一シーズンに何度も似たような症状になって「胃腸炎」と診断されることは珍しくありません。

時には、細菌による腸炎もあります(のどでも細菌性の扁桃炎があるのと同じですね)。細菌性の腸炎はどちらかと言えば夏場に多く、このときは高い熟が長く続いたり、腹痛や下痢の程度がひどくなりがちですし、血便になることもあります。

食欲がないのを心配される場合も多いのですが、おなかの調子が悪いのですから、食べたがらないのは無理もありません。不用意に食べると吐いてしまうかもしれません。この時期は水分・塩分の補給が最重要で、栄養のことはあとで考えればよいのです。

胃腸炎は嘔吐から始まることも少なくありません。嘔吐や下痢が激しい時には、小さい子どもほど、脱水が心配になります。上手に水分と塩分を補給していくことが大切です。胃腸炎のときの水分補給については、ブログにも書きましたので参照してください。→こちら

吐き気がおさまり食欲が出てきたら、身体が食物を受けつけられる状態になったしるし。 昔は、下痢が治るまで絶食、と言われていましたが、現在では、なるべく早く食事を再開したほうがよいとされています。野菜の煮物、おじや、うどん、豆腐や自身の魚の煮たものなど、糖分や脂肪分が多すぎず、水分の多いものが適切です。

下痢止めとして使われてきた薬は、新旧含めて何種類かありますが、完全に下痢を止める、というのは困難です。そればかりでなく、下痢は、病原体を身体の外に違い出すはたらきも担っていますから、むやみに止めてしまうのはかえって不都合を起こします。作用の強い薬は使わず、水分補給・食事療法を中心にするのが原則です。もともと「おなかのかぜ」も、鼻・のどのかぜと同様、自然に治るもの。それまでをどう乗り切るか、と考えてください。
| | 18:06 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   01 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート