湿疹の話


「最近湿疹が急にひどくなって、かゆがります。アトピーではないかと心配です」

子どもの湿疹で「アトピー」を心配する方は多いです。しかし、子どもの顔や身体、手足にできるぶつぶつやガサガサは、アトピー性皮膚炎以外にもたくさんあります。最近になって急に出てきた湿疹であれば、あせもや虫さされをかきむしって一時的に湿疹がひどくなった、という可能性もあります。

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎の診断基準では、「かゆみが強い」「特徴的な湿疹が左右対称に分布する」「よくなったり悪くなったりしながら慢性的に続く(乳児でニカ月以上、幼児以上では六カ月以上)」ものとされています。「アトピーかな?」と思っていても、これにあてはまらない湿疹がかなりあることがわかると思います。

この中ではまた、アトピー性皮膚炎とまぎらわしいものとして、接触性皮膚炎(触れたものによるかぶれ)やあせも、とびひ、などが挙げられています。どれも小さい子どもに多いものです。

アトピー性皮膚炎の湿疹の分布は、赤ちやんでは顔・頭からしだいに身体や手足へ広がり、少し大きくなると、肘や膝の内側・首などに目立つようになります。かゆみが強いので、皮膚にかきむしった痕がたくさんつきます。掻くことでますます湿疹がひどくなる、という一種の悪循環になることが多いですね。

アトピー性皮膚炎というと、「治らないのではないか」と悲観的になる方も少なからずみかけます。確かに慢性的なもので、よくなったと思うとまた出てくる、というのが特徴ではあります。おとなになっても症状がある方もおられますが、子どもの場合は、遅くとも思春期ころには軽くなり、「治った」と言っていい状態になることも少なくありません。あせらず、気長につきあっていくことです。

湿疹やアトピー性皮膚炎は皮膚の病気ですから、治療は塗り薬とスキンケアが中心になります。塗り薬は、炎症を抑える効果の高いステロイド外用剤が中心です。ステロイドというと副作用が怖いという人もいますが、皮膚に塗る薬ですから、飲み薬とちがって、適切に使っていれば、全身に影響する心配は、まずありません。こどもの場合、作用の弱い薬でも十分効果があることがほとんどです。漫然と使うのではなく、お医者さんと相談しながら使い方を調整してください。スキンケアとしては、まず清潔にし、乾燥を防ぐことです。清潔といっても、ごしごし洗いすぎると皮脂を落としてしまい、かえって肌をいためます。毎日入浴しているのなら、よほど汚れが強くない限り、お尻と手以外はさっと汗を流すくらいのつもりでいいでしょう。入浴後すぐに保湿剤を使うのもおすすめです。乾燥が強ければ、保湿剤は何回塗ってもかまいません。

湿疹やアトピー性皮膚炎でいちばんつらいのは、かゆみです。身体が温まるとかゆみが増すので、夏場の入浴は、ぬるめのシャワーのほうがいいかもしれません。かゆみが強くかきむしってしまう時は、痒み止めの飲み薬を出すこともあります。

衣服は通気性が良く、しめつけの少ないもののほうが楽でしょう。また、ゴワゴワしたものや起毛素材は、皮膚がこすれて、かきむしったのと同じ効果になってしまうことがありますから注意が必要です。
| | 18:21 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   12 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート