院長あいさつ

江戸川区に勤務するようになり、住まいも移して20年近く。開業してからもうすぐ10年めに入ります。小さかったこどもたちも中学生・高校生になり、また一方で、あたらしく生まれた赤ちゃんたちがやってきます。そんなこどもたちを見ていると、はじめのうちはいろいろな心配ごとがあっても、それぞれにたくましく育っているのが実感されます。

これからも、この小さなクリニックにやってくるこどもたちがすこやかに育つお手伝いをしていきたい、そしてこどもたちも、保護者の方たちも、ほっと息がつける場でありたいと願っています。

院長:石橋 涼子
東京大学医学部卒業。大学での研修の後、NICU、総合病院、障害児施設などに勤務。1996年からまつしま産婦人科小児科病院(現・まつしま病院)小児科部長、2005年1月石橋こどもクリニック開院。